日々雑感

cat5.exblog.jp

ありふれた日常の綴り

これは?エール?それとも揶揄?

c0355331_15385698.jpg
向日葵がどことなしか、遠慮していない?(笑)
梅雨が明けた模様・・の予報官の発言に対して・・
「・・とみられる」発言にうんちゃく




先日の朝刊のコラムの一説・・
笑えなくもないが、
笑ってよいものか、それとも、笑って終わらせるのか?

「・・・とみられる」表現について
断定するほどの自信はないが、ほぼ確かだといえる時に、ついつい使いがちだ
この使い方の登場は
「○○ごろ梅雨明けしたとみられる」に対し
ごろと、みられる。の表現が二重に自信なさげだ、と記載されている

この記事を読んだ読者は・・
そうそう、
予報官の発言には、いささか苦言を呈したくなる感がぬぐえない!と
お思いかも・・

私は、天気予報で朝が来て、天気予報で夜を見送る質だから(笑)
不明瞭な発言に絶えず文句を言いつつ、そのくせ・・観てしまうんですが・・(笑)
相手が自然だからと、優しく援護しているものの・・
どうにも、こうにも、間尺に合わない・・と

その曖昧な感情論を、こうも適格に指摘されると・・
座布団・・一枚とと言いたくなるが・・

そこで、予報官の反論ともとれる発言は
「梅雨の入りや、明けを日にちで区切るのはそもそも無理がある」

フム・・なんとも納得のいくようで、いかない発言です
しかし、自然に区切りをつけたいのは、人の情けでしょう・・(笑)

納得はいかないもの・・
しかし、納得したいもの・・多々ありますね・・

[PR]
by zakkkan | 2016-07-21 15:55 | 雑感 | Comments(0)