日々雑感

cat5.exblog.jp

ありふれた日常の綴り

2017年 05月 03日 ( 1 )

どこでもない場所

バスルーム、トイレット、二階のパソコン部屋
この3か所が、私にとっての拘りの時間を過ごす場所(笑)
最近の私、二階の太陽を一杯に浴びる部屋に居座っている

「どこにもない場所」
なるほど、この題目に引き付けられた私に、ぴったりの時間を過ごしている
それは、それは、不思議な時を、1日の半分を過ごしたことになる
し・あ・わ・せ・・と言っても過言ではない
そのくせ、半ば反省してみたりして・・生きている事への拘りがあるのかも・・

連休の半ば、我が家から一歩踏み出すと
そこは雑踏で、群衆と、雑音の坩堝となっている
ごめんだ・・と耳を覆いたくなるくせに、人がうごめく気持ちは理解できる
c0355331_11135818.jpg
先日、歩いていると出逢った花
それは、然程大きくも、長くもない一件の垣根にぎっしりと咲いてた花です
年のころは、70過ぎ?と見て取れる小柄な夫人が、大きな一眼レフを持って
道端の、これも「雑草」だと私には見える小さな花を、しゃがんで撮影していた
その姿に、ふと声を掛けたくなる衝動が起きる
「この花?」と尋ねると
「バラなんですよ・・」との答えが自然体で返ってきた

「浪速木バラ」と言っておられるこの花
ネーミングが奇妙な響きで返ってく来た
夫人のいうには
「いつの間にか大きくなりすぎて・・」
なるほど、家の垣根にしては、大木と言えそうなほどに、のびのびと成長している
大きくなりすぎて、と言っておられる割には
剪定も、伐採も試みようとはして無さそうな・・その風情が楽しい・・(笑)

数分のおしゃべりに興じて、同じくこの私も
首から一眼レフを重そうにぶら下げて、失敬してシャッターを押す
あ・う・ん・の動作を見知った風に、言葉は少し途切れても
最後は
「お邪魔しました・・」とその場を辞す

何処でも無い場所・・とパソコンで打ってみると、こうした字が変換された
いえいえ・・どこにも・・はやはりかな文字がいい・・とひとりごち・・(笑)

拘って時を持っている訳では決してないのだが
拘った空間に反省を添える必要がない事を称して
「どこにもない場所」と口にしてみた・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-05-03 13:05 | 拘りの時間 | Comments(0)