日々雑感

cat5.exblog.jp

ありふれた日常の綴り

カテゴリ:雑念( 12 )

真逆の光景

c0355331_10224090.jpg
月観る月・・
今月の満月を見落とした私は今朝がたしっかりみました(笑)
少しだけ、かけ始めてはいるものの、しっかりまん丸・・でしょ??

東の空には・・太陽が
c0355331_10311272.jpg
まばゆい光を向けています・・
ふと・・真逆の光景を観ると、人の感情をふつふつと思いだす

友人以上、親友未満の間柄を持続して40年が過ぎた
よく持った・・双方の心の声(笑)
夫婦になって、違和感を覚えることが無いとは言わさない

間に、何かを置いていた頃は、相手に違和感を持つほどの距離が無かったのかも
お互い同じ方向を観ていた?なんて、これも言えない
空気の存在?これもまだ少しだけ言い切れない、人間臭さが残されている

真逆の生活をしていたことは無いのに
朝、昼、夜、と視線の先が同じ方向をみ始めた時
初めて・・真逆な生きざまをしていたような幻想が起き始める

今朝はいつも通りの起床
夕べの雨が上がって、青空が澄んで見える
澄み切った空の元、運動会の軽やかな音楽が聞こえてくる

我が家の隣の人は
ボランティアと称した活動に余念がない
ボランティアと言っても、ごくごく身近な活動に過ぎない
が・・彼のその活動に充てる時は
私・・決まって・・逆方向へと歩みを進めるのですから・・
二人の方向性は、真逆と、言えなくもない・・(笑)

決して、批判的ではない癖に
正面切って、賛成は示していない・・(笑)

何時の頃からだろう?
接点を持とうと、無駄な努力をしなくなって
心身が軽くなった気がしている・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-10-08 10:30 | 雑念 | Comments(0)

異常なしの異常って??

長寿台風ですって
皮肉なネーミングに、朝から土砂降りの雨を眺めつつ
本日午後、約半月間の検査結果が出る日です

台風がノロノロと接近、そして、のろのろと通過する最中
病院の待合室には、当たり前の日常が存在しているのに驚きます
土砂降りの中、私もその一人です

予約時間よりも早めに診察券投入を終えて、心臓内科の待合室へ
すると、珍しくも、予約時間よりも早めに声が掛かった

若い医者は、相変わらずパソコンから目を離さずに
淡々と検査結果を話し始める
「肺、心臓等の内科的数値は、ほぼ正常値です」
「従って、異常はないとと判断します」
一瞬の間が開いたが・・
以上・・
何か?ご質問は・・と続きそうな気配に

「では、この違和感はどこから起きるのでしょう」
私は、ひたすら、わが身に起きている状況を纏めて質問した

う~ん・・少しまたまた間があくと
どんな症状ですか?と間抜けた質問こそしないが
「色々と考えられますが、夏ばてでしょうか」とさらりと非科学的な答えが返ってくる

「夏バテ?」私は感じていないのですが?と返す

すると、またまた奇妙な間が開いて・・
「漢方薬でも飲んでみますか?」と仰います・・
その間、私の身体には一度足りとも接触せず・・
ただただ・・検査結果を観ているのみ・・

決して、彼を疑っている訳ではないし
結果に異状がなければ、むしろ幸いだったと思うのだが
身体自身が、納得していないのが解る

異常が無いのだから・・
これ以上の質疑は受け付けられない、と背中を押されれた気分で
「では、少し様子を見ます」と患者の私から申し出る
すると
「はい・・それでは」とだけ背中で聴いた風に
心臓なら・・この病院だと言われている大病院を後にした

そして、この病院を紹介してくれた、地域の医者に差し戻しされ
恐らく、同じような判断を下すであろう、医院へ

折り返しを迎えた2017年
「人間ドック」を受診して「異常なし」の烙印を押されたのでしょう・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-08-07 15:23 | 雑念 | Comments(6)

実に女々しいわが身・・

昨日の続きが出来ている
これが、いかにすごい!素晴らしい事かを、最近の私は実感しています

なんとも女々しくて、気弱な自分を奮い立たせてはいるのだが
腦からの指令は
「おいおい・・大丈夫か・・」とポッツン、ポッツンと呼びかける

早朝ウオークに出発する
10数分歩きかけると
胸の圧痛が始まり、足並みが自然とローにチェンジしている
距離は、日々減、参ったな・・~
それでも、気持ちだけで無謀な行いを継続

スイミング
ドクターの「あなたに任せます」の言を鵜呑みにして
何時もより緩めた筈なのに、帰宅と同時に、息切れ、圧痛が治まらない


医者何ぞに行かなければ・・良かった!
真逆な発想が生まれているくせに、なんと・・なんと・・
世の中には、便利で、罪悪な「ネット検索」などに手を染めてしまっている訳です
すると、今の私の症状にほぼ似通った病名が出ています

ナニナニ・・あれほど、呼吸が、ぜんそくが・・と思い込んでいた私に
「圧痛後のしばしめまい」の症状を頓挫していた事・・
勿論、医師との問診で
「息が上がって・」とは言ったが、この「圧痛」には一言も触れてこなかった事

是って・・????
あれあれ・・この病名なら、と女々しく不安感が遅い
すると、病は気からではないが、症状の頻度が増すのですから・
一体、何がわざしているのやら・・

え~・・い!!気にし過ぎですぞ!と脳に指令を出しているのですが・・
本心は・・今週末の結果次第かな・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-07-18 11:30 | 雑念 | Comments(0)

奇妙な3月が終わる

c0355331_12331506.jpg
そうですね・・今日で3月、終わりますか・・
予報通り、空から雨粒が落ちてます

3月に入ってからの私、奇妙な程、同じビデオを繰り返し、繰り返し観る
なんでだろう?って多少の疑問詞を投げかけてみたが
答えらしい、回答は得られなかった
当たり前でしょう、日々の中、昨日の続きと言えど
繰り返される画面を、ほぼ記憶しつつ、次の展開さえ予測出来ている
暗記の中に画像を添えて、暗礁に近い言葉の羅列に酔いしれている様
う~ん・・どうにかなったのかな?と苦笑い


繰り返し、繰り返し、何度も観る事の意義も、意味も全くない
されど、自分の世界に扉を閉めて立てこもってでも居るような・・
ふと!我に返るのは、不思議な事に現実の時の針を確認した時

みょうちくりんな、3月が・・
いつの間にか・・31日間が・・当たり前のように扉を閉めた

今日の続きの明日は?
私には扉の向こう側にも、また扉でしかない時間がある気がしている(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-03-31 12:42 | 雑念 | Comments(2)

年齢を感じる時

何度も復唱してみると
私の日常、昨日の続きが可能なだけ(笑)
これは、本来、とっても有難いことですよね
だって、起床時に時折「あいた・た・た」なんて小さく呟いてはいるものの
    決して起き上がりに支障は感じていない
そして、早朝ウオーク・・1時間から40~50分に短縮されても、継続だけはね
    
しかし、ピアノのレッスン時間が30分に短縮
    ふと思い返す
60歳の手習いで始めたての頃、それは、それは、楽しくって・・ルン
楽譜通りに指使いが出来上がる、1冊の教本はほぼ半年単位で終了した
最近、なぜだろう?中々頭と指が同時進行しなくなってきた(´;ω;`)ウッ…
今月に入り、え???これが弾けないと嘆かわしく・・(´;ω;`)ウッ…
5年前に「エリーゼのため」を完曲した時の楽譜を取り出し、再び弾き始めると
楽曲は確かに頭の中にあるはずだが、思い出せない指使い(´;ω;`)ウッ…

今年に入り、新たな社員コーチの意気込み練習に
体が身構えてしまって、頭と身体がバラバラ状態の水泳
一応一通り4泳法を難なく熟せていた筈だったが
若いコーチの
「さらなる上を目指せ!」のお教えに、すべての泳法をテコ入れする
有難いことだが、実際は
「そこまで・・やってもらわなくても・・」の心境に
指摘か所の修正に手こずる我が脳みそと、身体のアンバランスに悩みが尽きない
(´;ω;`)ウッ…・・( ノД`)シクシク…
それどころか
そこまでやりたくない症候群で、内心ストライキ状態
数年前だったら??とふとたじろいでいるわが身が哀れ・・

身体によい事・の初心から始めた水泳も20年が健やかに過ぎたのに
今更・・奈落の底を観たいのか?と問答しているわが身
あ~・・今年の私の目標・・
そんな物・・ありません!が・・
せめて・・昨日の続きに違和感だけは持ちたくない!!!かも


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-03-26 16:14 | 雑念 | Comments(4)
気持ち沈み・・寝不足・・(´;ω;`)ウッ…
そんな気持ちの私に克を入れてくれるのが?う~ん思いつかない(笑)

そうだ!!久々に本屋へ行ってみよう
ブックオフではなく、書店です!!
目的は・・「絵手紙初級」なんて趣味の本探し
最近、私・・何か欠落状態で、何も手つかず、何もしたくない症候群
その穴埋めは・・「韓ドラ」を観ているだけの日常・・
是では・・だめじゃん!!と叱咤する・・

c0355331_14110043.jpg
ま~ま~・・固く考えずに、何か新しい事へ目線を変えましょうと・・
相変わらず「即物的」な思考ですが、今の状態を納得していない証拠!!
しかし、趣味の本欄を観ていると・・
「本だけで」何とかできるものでも無さそう・・
と!方向転換・・やはり、読み物に目が行くんですよ・・

そんな時・・
「ちょっと・そこのおばさん・・」って声?聞こえたかも・・(笑)
生誕何年だっけ?夏目漱石の本棚が目に付いて・・
久々に、あの小難しい本でも読みますか?と、未読な本を手に取って・・
しかし
「だめだ・・こりゃ・・若くない・・」と思ってしまうんです・・(笑)
しかし、その漱石の書籍の横に・・↑が目に付いて・・
う????あれあれ・・そうですか??即決!!
何と・・第二弾だそうで・・
ま~・・私流・・肩の凝らない読書としましょう・・

なんて、久々に・・古本ではなく、新本を購入した訳です・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-03-04 14:39 | 雑念 | Comments(6)

一匹の命に

夕暮れ時に一本の電話が入った
近くにお住いの一人暮らしの方からだった
「犬がね、編みに引っかかって身動きが取れないのよ・・」
この内容では想像がつかない事態だが、我々が住んでいる個所では
凡その検討だけは理解できる

私達が住んでいる個所は、山間の中腹を切り開いての場所
数分も歩けば、そこは私有地と、市、或いは国有地と隣り合わせです
従って、鹿、イノシシ、サルはお手のものに出没しますから
境界線にいつのころからか、編みが張り巡らせていたのでしょう

が・・だからって
「なぜ??犬なんだろう」と懸念はぬぐえないが
取り合えず確認だけでもと、電話のお宅近くへ主人共々駆け付けた
可哀そうにその一匹の犬の左足がぐるぐる巻きに絡まって身動きが取れない
我々が近づけば、殊更怯えて逃げ惑うから、益々縄は絡みつく

どうやら、飼い犬らしきその犬は、何処から迷い込んだのやら
飼い犬と言えども、恐怖と、痛みとで、我々が近づくと、牙をむく始末です
主人は、高ばさみや、剪定ばさみと、小さめの紙ばさみ等を使って
絡まった綱を切り刻む作業を開始した、が、どうやら足を傷めた模様の犬は
必死の抵抗を試みようとするが、力尽きたのか、漸く大人しくなった

その間に、保健所へ連絡を取り、とにかく捕獲してもらう段取りを取り付けた
縄は20分ほどかけて、足から取り去ってあげ、やれやれだったが
ふと、犬の姿を観ていると・・この先の事を考えざる負えない

電話した先の区の職員さんが駆けつけてくれたが
「どうやら傷を負っているらしい、このまま捨て置けませんね」
そして
「一層、死んでくれればそれはそれで仕方ないのですが」とぼそぼそ言われた言葉に絶句
助けた命よりも、この犬の先々まで考えが及ばなかった私です

しかし、一匹の命も、一人の命も変わりはないのに・・
だから・・じゃ、貴方がその命の先を引き受けますか?と突き付けられた気がした
一旦は「保護扱い」にされるであろう場所へ移動して
その次は??

時間が過ぎて、\(^o^)/と喜んだ先に待ち受けた感情論
どうしてあげようもない事を痛感させられる
勿論
「私・・この子の里親になりますよ」ともろ手を挙げる事
恐らくできない私です・・
だから、職員さんに一先ずお願いを託してその場を去ったのです
帰り道、暮れかけた山を振り向いて、何故か無責任な人間の愚かさを思い知らされている
そんな気がしてならなかった・・
結論の出ないトンネルに無造作に足を踏み込んだ気持ちに覆われたのです


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-02-22 17:42 | 雑念 | Comments(2)

何事もない1月が終わる

少し気温が緩みだす
少しながら、気持ちもほころびだす
少し、ほんの少しだが、心身共に、今年の微かな目標値を決めてみたくなる

年末、ややも色々あって、体調が今一思わしくない事にかこつけて
本当に、何やっているのだろう?って感慨に耽ってみる

歯科医に通って1か月になる
歯痛の治まりはない、歯科医に尋ねると、懇切丁寧に教えてはくれますが
全く持って理解しがたい・・が、
だから?どうしたいのかが明白ではない

病院の梯子をしてみる
今年初の内科へ、:生憎主治医の院長が欠勤で交代医が対応してくれた
この際だから、医者の目を変える良いチャンスだと思ってみたら
看護師も、当の医師も、カルテ通りに沿って判断している様に
これは、単なる代理にすぎないと、諦めて、いつも通りの処方箋で引き揚げる

そして、そろそろ確定申告の時期が近づく知らせが届く
パソコン歴は長い癖に、未だに「e-TAX」作成をしようとしていない(笑)

「超バカの壁」なる本を読みふける
バカの壁、このバカとは、一体だれを意味しているのか?と懸念に思いつつ
何となく読みふけっていると
いささか、何事もない日々に感謝をするべきだと思える(笑)

そうそう、何よりも生死をさまよっていた?友人の復活に心弾んだ
毎日、便利な機械を介して交信していると
人は、何かを目標に、そして、欲望という名の目標を掲げているのが解る

健全な体で、お陰様を、ふと忘れがち・・
これ以上の思い入れは、もう少し努力とう、形にして励みなさい
とでも、言われそうな気持
緩みだしたと心弾んでみると、今朝は薄っすらと雪が舞っています

月に「酸素のオゾン層があるらしい」との記事を目にすると
あの可憐な月の光に、ふと人間臭さを感じ入る

2017年がスタートして31日目
まだ31日なのか、もう31日なのか・・明日からカレンダーが一枚減ります


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-01-31 15:48 | 雑念 | Comments(4)

ありふれ過ぎた日常に

正月が明けて、2週目にも入れば、毎年ながら
「何も・・する事ない?」
ついでに「何もしたくない」症候群が私を占める、マイッタ~な~
冬眠でもできればいいのだが、人間は「休む」という言葉さえ罪悪感が出るのです
特に、我々の世代は、高齢者だとは認めたくない
だからと言って、がむしゃらに目標を定めるとまでの勢いは失せ始めている

近くにショップが姿を消したので、今は宅配便と、週に3度の割合の買い物で、車を走らせる
猫が一匹になってからは
餌の安売りに買い走る事も必要ない、そのうえ、躍起になっての掃除もしなくなった

まして、体調が思わしくないので、スイミングの始動は見送っている始末
ピアノの前に座るのだが、今の練習曲が思うように進まない
マイッタ・マイッタ・・

それでも、食欲は正月以来、胃袋の大きさに歯止めがかからず
でぶでぶ・・(´;ω;`)ウッ…
冬眠前のクマじゃあるまいし、この年齢で脂肪をたっぷりと蓄えて
さてさて・・どうする・・??よ~泣けますね・・

だがしかし・食料品が底をつきだすと、何となく不安な私(笑)
そんな私が出かけた先のスーパーで見つけた代物です
c0355331_16112234.jpg
おや??ま~・・水曜日のネコ
これは、何だとお思いでしょう・・はい!!
これは確かに「ビール売り場」にありましたよ・・
お値段がややお高いのと、ややこしい国の物ですから、買わずにおきましたが
なんで?水曜なんだろと、やや不思

日曜日は・・スイミング
月曜日は・・歯科へ(昨年見つかった虫歯の治療、しばらく通いそう)
火曜日は・・燃えるゴミの日、それから・・なんだっけ??
水曜日は・・缶、瓶の収集日 そして、このネコの日??
木曜日は・・スイミング
金曜日は・・月に二度のピアノのレッスン日
土曜日は・・??????

ありふれ過ぎた日常に、やや新しく加わったのは
「朝韓ドラのビデオ再生、時折パソコンで観つけた見放題のビデオ」
あれあれ・・今年も、こうした日常を退屈しないようにやりくりしていきましょう

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-01-10 17:03 | 雑念 | Comments(2)

10日目

年末に粗相をした転倒から10日目
本当は「大丈夫、大丈夫だから」と自分に言い聞かせていたが
師走と正月は
中学生の孫がせっせと我が家を訪問してくれて
三食、送迎付きのばあばあしていたのと、お節や、材料の買い物やらで
どこかに「痛みと不安」を置き忘れていたのでしょうよ

正月は、とにかく、初もうでと主人の実家で飲み食い
2日は、子供達ファミリーが全員集合で、またまた飲み食いに
(今年は息子ファミリーがお泊りをしなかったのが、やや寂しいが)
3日目は、娘と孫が、またまた夕飯を食べに来てくれるとあって
三が日の〆が終わったのです・・

そして、4日目
そろそろ稼働しなくては、と早朝ウオーキング開始
しかし、私には気がかりな事は取っ払えてはいないのでした
2017年1月3日
朝、起床時に首がこりこり、あの衝撃の翌日と同じような痛み
何よりも気になるのが、軽い頭痛が取れていない・・

ふと、今から15年前の母の事が鮮明に思い出されるのです
母の年にはまだ10年はありますが、あの転倒を切欠に母が「認知症」を発症したのは間違いない

時はまったく同じ12月でした
旅先の宿で、階段から足を踏み違えて転倒、その瞬間意識喪失
救急車で病院へ運ばれ、救急の処置、検査を受けたらしいと、後から知る
連絡を受けたのが翌日でしたから、慌てて旅先まで迎えに行ったのを覚えています
病室では、かなり苦しそうな母でしたが
医者は「今のところ打ち身だけですから」と言われれば
連れて帰るしか方法がなく、夕方に家に帰って来たのです
そして、年末、正月をどうにかやり過ごし、何事もなかった日が過ぎたのでした

しかし、それは、彼女の脳内で何かが起こっていたのに気づいたのが
外出時の二度目の転倒で、見ず知らずの他人様が呼んでくださった救急車からの電話でした
本人さんの意識はあるのですが、しどろもどろで、
仕方なく、カバンの中身から我が家への電話番号を見つけて連絡してこられたのです
指定病院に運ばれた時、医師が
「最近、転倒、もしくは転んでばかりいた事はなかったですか?」の質問に
「12月に、階段から転倒して、瞬間ですが意識喪失が・・」と答えると
「おそらく・・それが原因でしょう、検査してみますが」と仰り
老人に多い「慢性硬膜血種」という病名をしっかり聞きました
幸い手術で血種は取り除け、入院も10日程で事なきを得たのですが
それからの母は、年齢も手伝ってか、次第に気力をなくし、病院へ出かける以外は
大概、テレビの番、それも見ているのか、見ていないのか?
それからは、階段を一段、一段下っていくような、いわゆる「認知症」が出始める
医者は「アルツハイマー・・・」と病名を言ってはくれたが・・
年齢は80歳になってくると・・いわゆる「老人性のボケ」で終了でした

それからの母は、静かすぎる程、緩やかに認知が進み
ディーや認知施設等を10年間、経て、静かに旅立ちました

鮮明に未だに思い出すのが、あの瞬間の出来事です
だから?
今、私の症状に違和感がぬぐえないのも、そのせいかもしれない
後もう少し様子を見よう・・と思いつつ、懸念はぬぐえないんです
健康でスタートさせたい今年の最初の関門かも・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
[PR]
by zakkkan | 2017-01-05 16:39 | 雑念 | Comments(6)