人気ブログランキング |

日々雑感

cat5.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:日々の記憶( 20 )

隣人さんと猫


c0355331_13175714.jpg
少しだけ、心の重さに終止符をね
トコ、そのネーミングへの思い入れを、共有してくださったお隣さんが亡くなられた

私が6匹目の親になり損ねた、初代のトコです
c0355331_13160486.jpg
3年前の秋、ご近所の方が段ボール箱を抱えて我が家を訪ねてこられた
可愛い黒猫、推定1か月強、愛くるしい目で、私と対面
6匹目の親?
う~ん・・訳あり、理屈あり、走馬灯のようにぐるぐる回った結論は
「飼いたいのだけれど・間が悪すぎる」
c0355331_13171575.jpg
そして、何よりも
可愛さと飼い主が、必ずしも一致するとは限らない
その、侘しさに、優しさを添えてくださったのが「お隣さん」でした
「いいですよ、可哀そうにね~」この言葉で、この子は生きる選択が出来ました
今では、見違えるほど成長した「チビ」と呼ばれたその子は
最後のお別れをしている私の傍にきて
可愛い声を、何度も何度も張り上げてなく姿を見ました
「わかるよね、君の命の恩人だったものね」心の呟きが聴こえたかのかも
c0355331_13443404.jpg
この子が我が家へ来たときに、お隣さんには申し訳なくって
「あの時、飼えなかったくせに」ごめんなさいと話したとき
「いえいえ、縁よ、そうある時々の縁だもの」と優しい目で二代目を見つめてくださった

c0355331_13412176.jpg
二代目のトコは、その夜、不思議な行動に出ます
何を探すでもないのに、しきりに目線を彷徨わせる仕草を
縁だと言ってくださったお隣さんへの、お別れだったかも


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
by zakkkan | 2019-04-21 13:49 | 日々の記憶 | Comments(16)

遠方より来訪

(昨年3月29日、佐野邸にて撮影の画像です)
c0355331_11283082.jpg

生の聲より、絵文字が機械の中で踊る様(笑)
とんと、ご無沙汰でも、この絵文字で、一気に時間が短縮される気がする
東京は、小平市に住む私の弟から
「来週あたり、京都の桜を観に行きたいんだけれど」と連絡が入った
?????
珍しすぎて、不思議すぎて、うまい詞が見当たらないほど(笑)
両親を見送って、思えば肉親と呼べる近しい人間は、今では、彼だけ
姉弟、何かなければ、姿どころか、声さえも聴いていないかも(笑)
c0355331_11365582.jpg
「いいよ・・待ってるよ」と即答の手段が「ライン」
少し間をおいてから
「桜ね・・東京は開花宣言したらしいけれど、京都はまだ少し先だよ」と追伸
・・・・・・・・・
絵文字が躍った画面上で、二人が交わせる限りの連絡は終了し(笑)
さくらは、あくまでも口実だと、知る
双方で「○○日」を設定したのが、3月24日から26日の、二泊三日
c0355331_11450905.jpg
ということで・・彼が京都(産まれ育った場所)を訪ねるのは
なんと・5年ぶり・(母の葬儀依頼)
ご無沙汰、ご無礼、活字にすれば、こうした様なのに
(私は、昨年、一昨年と、東京に立ち寄る際に、彼とは面識あり(笑))
遭えば・あって、話すうちに・・時間軸は平等に位置しているのかも・・(笑)
c0355331_11525618.jpg



両親の墓所に近いここ嵯峨野にある「佐野邸」
墓参りをする前に立ち寄ってみたが、残念ながら、今年はまだまだ蕾固し
しかし
早咲きの桜が一本、満開で出迎えてくれたので、幸い・・ありがたく
記憶の一ページが飾れたかもしれない・・


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


by zakkkan | 2019-03-27 11:56 | 日々の記憶 | Comments(17)

覚えている個所は

c0355331_10180253.jpg
暗闇が少しづつ明るさを見せる早朝
ウオーキングで、吐く息の白さが、次第に薄れ始めている
午前9時、空は二日続きの太陽と、青空をみせてくれた今日、1月17日
c0355331_10203579.jpg
障子から木漏れ日を受けて、一輪、昨年からの残存が「記憶」という現実をみせる

c0355331_10233745.jpg

花の咲く時期も、ネーミングも、記憶が曖昧なのに
室外、室内を問わず、咲いているのが、奇妙な感じ
それは、人の時間という記憶を、時々覚醒させることに他ならない

24年の時を経た今日、日付は時に忘れているのに
身体は、あの早朝の揺れを未だに覚えているものです
「地震」確かに、未だかつて経験のない揺れと、長さに恐怖を覚えた
家族5人、あの当時の我が家は
一部屋に集合すると、沈黙の時を共有した
1分、いや、10分、それとも、1時間???
長さが不明な程の恐怖体験を全員で知った後
「地震だよね」と、口々で漏れた記憶は、未だに鮮明・・

あれから・・四半世紀
わが家は、二人になり、朝刊をめにして
「今朝だったのよね」とぼそりと言い合った
それでも
「あの揺れは、何よりも我が身体が記憶してやまない箇所」です
                
1.17.冥福を・・・合掌

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

by zakkkan | 2019-01-17 10:35 | 日々の記憶 | Comments(17)

不思議な出遭い

c0355331_09521287.jpg
「お帰り」なんて声を(笑)かけてあげたくなった(笑)
初めて彼?彼女?を観たのは、もう4年前かな?
むかし、むかしの生き物らしい
c0355331_15374046.jpg
「オオサンショウウオ」です
上流から何を追ってここまでやってきたのか、定かではないのです
(当たり前でしょう(笑))
息子が上気して、私に
「サンショウウオを清滝で見たよ、すごくでっかくって」と話したころから30年が過ぎました

京都の水族館では
「日本オオサンショウウオ」が目玉鑑賞でしてね
その山椒魚を確かに見ましたが、今私が見ている類は
「外来種」だという噂ですが、見比べても解りません(笑)
c0355331_15441258.jpg
どこに?
そうでした・・いつものウオーキングコースの入り口です
そこは、大堰川(嵐山~落合までの名称)の本流から分かれ
水の流れが本流へと繋がる場所で、50センチほどの高さから落ち込んだ場所です
初めて見た場所も、確か、同じ場所でした
今回は、少々水量が多いので「頭部分」が渦の中で残念ですが
肉眼では・・確かに「大山椒魚」に間違いないです

朝食タイムでしょうか?
朝ウオークのスタートから帰宅時間(1時間)はこの姿勢でいますが
昼頃には、姿がみえません
そして、どれほどの日数でしょうね・・
私の記憶では4~5日は生息していたと思いますね

忘れたころに・・こうした出遭いがあると
彼?彼女?同様
私も、生きているのだと、実感させられます・・(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-11-06 15:52 | 日々の記憶 | Comments(14)

5代目かな?

c0355331_11231809.jpg
身体によいこと、ふと思いついた時
「ウオーキング」なら簡単かも?
あんちょくで、即物的で、私らしい発想から始まった「ウオーキング」
しっかり、継続していますから、褒めてあげましょうよ(笑)
歩いたキロ数は?
なんて、人もいるらしいけれど、楽しめる範囲内で歩く、歩く
私の「ウオーキング」はそんな程度です

c0355331_11232681.jpg
凡そ10年
二年に一度ぐらいの割合でシューズを変える
ボロボロになるまで履き切らないが、靴底の摩耗には気持ち注意を払う
コースは、二コース
夏バージョンと、冬バージョン(笑)
飽きない?って尋ねらると
「たかが・・ウオーキング、されど・・」と口ごもりつつも
あきないな~・・と独り言ち(笑)

始めたころは、景色を見ているより
「今夜のメニューは?」なんて、なんとも現実的な人でした
それは、ショップを兼ねてのウオーキングだったから(笑)
暇なくせに、時間にはかなり敏感で
「もったいない‥」から出た発想は、一つでは、収まりようがない(笑)

それがね・・
お隣さん(旦那)が退職を機に「ウオーキング」とやらを始めたのです
午前中の空いた時間が、次第になくなったと思うと
じゃ、仕方ない・・早朝に変更、となって今に至っているのですよ

そうなると・・否応なしに風景が目につきだして(笑)今更・・
観ていてそうで、観ていない景色
知っていそうで、知らない季節感
それが、「ウオーキング」に華を添えているのかも(笑)・・

雨以外、週に6回
距離は、始めたころより、ずいぶんと短縮されたかも
10年間、体調にさほどの変化はないにしろ
やはり、そこかしこの、傷みは避けては通れなさそう・・(笑)
5代目から、6代目、出来れば・・と想定しつつ、歩いています、今日も(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村

by zakkkan | 2018-10-16 11:41 | 日々の記憶 | Comments(22)

いく夏を・・

c0355331_08273473.jpg
涼しいのを通り越して、肌寒さで目覚めた
いきなり?と思わず布団に潜り込んだ感触が、侘しさを覚える

夏休み最後の行事は「お地蔵さん」と呼ばれる「地蔵盆」
朝から設営に走り回る大人の掛け声に交じって、少数の子供の声がする
懐かしいというには、歓声が年々侘しさを感じる
c0355331_08351538.jpg
百日紅が咲きだして、半分はとっくに過ぎたかな?
勢いを増しているときには、見上げる気にもならないのに
なぜか、涼しい朝に不似合いさを覚えそう
c0355331_08364556.jpg
夏花が勢いを失せ始めると
「いやだ・・いやだ・・」とぼやいた夏が
音もなく過ぎていくのが、不思議な程、侘しさを感じる

季節を幾度となく見送り
何度となく、迎えている自然の記憶が
毎年?こんな「夏」初めてだねと愚痴っているわが身
「記憶のポケット」がどんどん増していくのは
ひょっとして?記憶ではなく、健忘かな?と思えたりして

それでも、迎えるのと、見送るのとでは
一味違った感、見送るさみしさを
勢いがありすぎた今夏に、殊更思いが募ります(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-08-19 08:41 | 日々の記憶 | Comments(14)

昨日の続きの原点

c0355331_11132784.jpg
先月の活字タイム、多様な文体で多少、疲れを覚える時間を持ってしまいました(笑)
穴があれば・・入りたい(笑)
私、大きな声では言えない、言えるわけない(この歳で)
知らないことへの挑戦、う!違います
知らないことが多すぎて、勘違いの人生だったかも

と!!今更ですが、読書が好き・・??じゃなくって
「活字」との接点が好きなのかもしれない
なんて、言い続けてきた人生観に、言い訳がしたくなるような
そんな「本」を1週間共にしたのです
「なるほど・・」と悟った筈でも
はい・・今更ながら・・知ってどうする?とやや開き直ってます

体に無理のない程度に
とどのつまり・・読んでいて、慰められるもの
あるいは、癒されるもの、そして、心の声をあげたくなるもの
やはり、それが私の「活字」だったと、改めて得心を得たわけです

c0355331_11172136.jpg
で、久しぶりに彼女と共にする時間を
彼女との接点は、多少異質なものだったこと
そして、何冊も読んでいるのに、彼女だってことを知らなかったことm(__)m
「便利屋」さんだったかも・・(笑)私と、彼女の出逢いは
それは、本当に、開かずの扉を開けてくれた
「便利屋」だったかもしれないな~・・(笑)

私の癖
その一・・・・・とにかく、昔から、一点主義
その二・・・・・凝り性だとは断言できないが、飽きるまで
その三・・・・・惚れっぽい・・これに尽きるかも
その四・・・・・まだありますか?と最終質問に、答えが詰まる癖
その五・・・・・そして、勘違いでスタートする癖

その癖を、今の、今まで、何一つ、改良しようとしない、人間でしたっけ(笑)
だから・・活字に潜り込むのかもしれない・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-06-05 11:30 | 日々の記憶 | Comments(8)

記憶のポケット


c0355331_10263055.jpg
ゴールデンウィークスタートですね
連休に一喜一憂、そして、人ごみに身を置くことに違和感なし
なんて、遠い、遠い記憶の中に収められて、何年が過ぎたかな?

時々「記憶のポケット」に探りを入れたくなる衝動
それは、やっぱり、季節季節に、愛でる「花」に出遭うことかも
c0355331_10291930.jpg

「ナンジャモンジャ」これは、れっきとした樹木の「名前です」

ヒトツバタゴ(ナンジャモンジャ)とは

日本でも限られた地域 -木曽川流域(愛知・岐阜)と対馬- に自生する落葉性の高木

5月になると深く4つに裂けた白い花を咲かせます。花の盛り時期は非常に見事で、その姿はよく「木がまるで白い雪に覆われたような美しい姿」と表現されます


この奇妙なネーミング、みてみたいと思った私は探し探し・・検索したのが
今から3~4年前
季節は春・ちょうどこの連休と一致した時期でした
それが、とっても身近な場所で出逢えた時の感動は・・(笑)

c0355331_10354773.jpg
私の「記憶のポケット」が一つ増えたのですよね
そして、そして、昨年は、偶然、もっと身近な場所で見つけた時の感動編(笑)
c0355331_10371881.jpg
今朝、ウオーキングを兼ねて・・さっそく・・
今年はね、花たちが、なぜに・焦るのかしら?と思わず尋ねてみたいほど
でも「ナンジャモンジャ」の落下に出遭えたのだから・・満足かな(笑)
それは。それは、あたたかな日差しを浴びた花びらが・・ひらひら・
雪が舞い降りている風に・・風がないのに・・ヒラヒラと舞ってます
c0355331_10401669.jpg
連休なんて・・私には
ありふれた日常の中にある日です・・
だから???ハイ・・気持ちよく、少しだけ歩数を多く歩いた一日の始まりです


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村


by zakkkan | 2018-04-29 10:41 | 日々の記憶 | Comments(19)

バトンタッチね

c0355331_09401222.jpg

ショッキングピンクの爪を眺めている(笑)

久々に出かけたデパートの春模様をウィンドショッピングした日に
目に留まった色、それは「ピンク」一色に飾り立てられたすべての物
ルージュは勿論
スカーフ、バッグ、シューズ・・・・
世の中に「置いてきぼり」をくらった感想が残存して帰宅した(笑)

その日からしばらくは・・景色が「ピンク」に染まっていたので
「ピンク」は、私の頭の中でなりを潜めていた(笑)
でも、ひそかに・・ネイルを「ショッキングピンク」で(笑)
皺と年中日焼けが取れない指先に、不具合だと笑っている癖に
やってしまいたくなる、密かな冒険を、一人楽しむ(笑)

今朝、小さなテラコッタの中で、越冬した「ガーベラ」二輪が開花
c0355331_09311749.jpg
春色の中で、赤が目に付くと・ギアチェンジしたくなる
春なのに・・初夏へと・・そして、やがて景色はあの薄緑色へと
その先駆の「赤」を楽しめるとは

花屋の店先に「ガーベラ」が並ぶと
ついつい買ってしまいたくなる衝動、それは・・・・
「母」を思い出す、彼女が好んだ「赤色」と「緑」のコンビネーション
彼女(母)は
「椿」が好きで「ガーベラ」が好き
似ていないような、似ているようなこの二つの共通点は
赤と、緑、二色の極めつけが、好きなのよ・・と口にしていた
そのくせ、花瓶に生けらてた花を観た記憶はない
鉢植えを買って楽しんだ母の記憶は皆無に等しい

むしろ、彼女の会話の一節を、私が受け継いでいるだけかも
彼女が「色は鮮明でなきゃ」とよく口にしていた時
私は「パステルカラーが好きなんだけど」と意味なく反抗していたかな

なのに・・今更・・
この色の思い出を、懐かしく、そして、身近に楽しむ日が来るなんて・・(笑)
どこかで、バトンタッチしたのかもしれない・・(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-04-10 09:53 | 日々の記憶 | Comments(8)

何気なくせつない出逢い

季節が一気に春を呼び込んだはずなのに
「寒戻り」という言葉を添えて、いつもの日々
天気予報官は
「寒いです」という服装は上着をまとっているにすぎず
「暑いです」と言っているのに、汗がにじんでいない(笑)

そんな私、疑問詞を頭に置いているくせに
聞く事、観る事、すべてが、不思議な程「予報官」に頼っている(笑)

3月・・この間「おめでとうございます」で始まったのに
3か月目に突入
この間、涙した生き物の、影すら忘れているのかもしれない
c0355331_09560771.jpg
時の進み方に、マッタがかけられない
c0355331_09563430.jpg
この子?
15歳のアキタケン
何処か?で見覚えのある顔付き
はい・・話題になった「ワサオ」の色違い(笑)ですってね!!

ウオーキングの折り返し地点で
ノロリ、ノロリと散歩している姿で逢って、1年が過ぎました
今年は?数度見かけて
その都度、二言三言、言葉を掛けて
「ファイト!」私は心の中でつぶやき、別れてすごしていた


が、2月に入り、ぱったり出遭わなくなった
「大型犬は、寿命は15歳が限度なんですよ」と
仰っていた飼い主さんの言葉が、頭の中で右往左往している

3月、4月のこの時期は
「出会い」と「別れ」を繰り返す季節語が踊りだしている
が、この年になるとね・・(笑)
ここでも「年齢」を傘に
出会いの数より、別れの数が?
ふと、ナイーブになってしまうんですよね・・

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-03-07 10:06 | 日々の記憶 | Comments(8)