人気ブログランキング |

日々雑感

cat5.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:想いでボロボロ( 21 )

七夕の朝・・

c0355331_10573034.jpg
47・7・7・47
娘の誕生日です・・今日は

七夕の朝、日曜日、そして、久々の青空の三点セット(笑)
数字が、いみじくも語ってくれる
想い出・・ボロボロ
母親って、妙な生き物です
いつも傍にいる相方の記憶は、次第に薄れる癖にm(__)m
子供の出生時の記憶が、時々、どきりとするほど・・鮮明に浮かびます
c0355331_10582973.jpg
朝ウオークが心地よい、7月7日の朝
イベント会場や、スクール会場、ショップモールで見かける「七夕飾り」
静かな嵐山の土産物屋が連なる筋の軒下で
c0355331_11003662.jpg
短冊に込められた一文字、一文字を読みたくなった(笑)

縁起がいいのか、悪いのか?
そんなことを夢想するほど、ゆとりは・・無かった、あの日でした(笑)
予定日を二日過ぎて、漸く産声を聴けた、あの日も
今朝のような、空梅雨の合間の青空の、朝9時過ぎでした

朝一で・・
「ハッピーバースデー・・」をラインで送信(笑)
便利すぎる、親子の間柄だが
未だに、出生時と、その後の、詳細は、娘に話していない(笑)

c0355331_10531013.jpg

その娘も、親なんですから・・(笑)
そして、孫の出産時に立ち会った私が一言
「あんたを生んだときより、ずいぶんと楽そうよ」と嫌みたっらしく励ました(笑)

七夕の朝・・
雲から太陽を観る・・
青空とよく似た「アサガオ系」が、咲きだしていた

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


by zakkkan | 2019-07-07 11:10 | 想いでボロボロ | Comments(22)

母の日

c0355331_13151809.jpg
紫陽花が見頃を迎えています
「花泥棒」しちゃいました(笑)

廃屋になって1年が過ぎた古びたアパートの一角で、二本のアジサイが咲きだしている
「主たち」を無くしても、木々はこの一年、思い思いに成長し続けています
家屋はいつか跡形もなく更地にされるまでの、しばしを
c0355331_13200601.jpg
とあるブロガーさんの詞をまねてみますね
「何色に」変化していくのか、少しだけ楽しみな「紫陽花」と
c0355331_13210642.jpg
薄いピンクの色目に染まりだした「ガクアジサイ」を2輪、頂いてきましたよ
本日は
母の「祥月命日」ですので、お許しくださいね
母が大好きだった「紫陽花」ですからね
c0355331_13233542.jpg
母が息を引き取ったその時、その場所に
家族は、誰も立ち会えなかった

朝方、一本の電話の向こうから
「今しがた、お亡くなりになりました」と事務的な会話で知らされて日です
家族と言っても、私と、弟の二人に、付随する者たちですが

亡くなる前の1週間、これも突然に等しい聲を施設側の電話から受け取った
「体調を崩されて、発熱が収まらないのですよ」
「延命処置はしない」と判をついて入所している事の皮肉な話です

1週間、日に日に憔悴していく母
危篤だと東京の弟に連絡を取り、すべての家族とは
一応の「別れは」は済ませたと言えども
夕べの「じゃ、帰るね」と言った私の挨拶代わりの詞が最後だったとは?
少しだけ、ややもすれば、ほんの少しだけ、後悔が出た
c0355331_13364592.jpg
母を施設に預けて、2年目の出来事です
(認知障害がすすむにつれて、私の顔をまともに見てはくれなかったが)
それでも、週に一度は、声掛けに、顔を見に、と
時折「事務的に」接している自分に多少の後ろめたさが無かったとは言えないが
その母が、この世から、あの世へと旅立つ時に
皮肉にも、誰も傍で見送れなかったことは
ある意味、彼女らしいと、思えなくもないのですよ
c0355331_13514948.jpg
母と、私の経緯を話せば、愚痴と、相性の悪さと、悔いの連続ですから
その母が、自然物に、全く興味を示さないのに
冬の「椿」
春の「赤いガーベラ」そして、この「紫陽花」がことのほかお気に入りでした
c0355331_13402038.jpg

その紫陽花が、ボチボチ咲き始めた頃合いが
「母の日」ですから、せめてもの「花泥棒」にて、見送りますね
彼女の声が聴こえます
「そうそう、わざわざ買わなくてもいいのよ・・」と
5年目の「命日」です

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


by zakkkan | 2019-06-06 13:53 | 想いでボロボロ | Comments(22)

バトンタッチの花たちへ


c0355331_09554846.jpg

猫の額ほどの我が家の「庭」は、雑木の合間をぬって四季の花たちが咲きます

それなりに働きましたよ、私もね(笑)
そして、人並みより少しだけ早くに「退職」をして
その先を、少しだけ夢をみた作業が「ガーデニング」です
その当時ね
「庭仕事」と言える例えを「ガーデニング」と置き換えると
夢が膨らみ、花屋さん通いが楽しくってね・・
古典と、現代が混合している姿が、結構好きでしたね、私は(笑)
その庭を、今度は相方さん(旦那)にバトンタッチね
うまく・・バトンを渡せているらしい庭は
四季折々、花が咲いていることで、認めましょう(笑)
c0355331_10161319.jpg
c0355331_10162424.jpg
c0355331_10163660.jpg
半年間ご苦労様ね、まだまだ楽しめていますよ
c0355331_10171611.jpg
小さな池ですが、一杯のビタミンカラーで埋め尽くします
c0355331_10174814.jpg
c0355331_10190245.jpg
c0355331_10192352.jpg
秋にはたわわに実をつけて、冬の鳥たちに貢献しています
c0355331_10202037.jpg
花桃も、食にはならないですがカワ(・∀・)イイ!!子孫を付けてます
c0355331_10210098.jpg
c0355331_10212550.jpg
名前を・忘れてm(__)m
二年ぶりに、咲きだしました、葉っぱは「紫陽花」に似ています
c0355331_10221163.jpg
ハボタンもこうして最後まで、花を楽しめるんですよ・・
c0355331_10225394.jpg
ヘリコブター・・子供のころはそういってましたっけね
秋には
c0355331_10233666.jpg
葉っぱを見て、楽しめますよね・・
c0355331_10243424.jpg

ミヤコワスレ・・今年も忘れずに花いっぱい咲かせてくれました
思えば、この花、一輪からスタートして20年が過ぎました
花との出遭いは、こうして新旧を繰り返し、営んでくれることですね


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


by zakkkan | 2019-05-18 10:29 | 想いでボロボロ | Comments(16)

幸せ探し・・・

c0355331_09215134.jpg
平成最後の日
う~ん・・そうなんだと思って、考えて、想い出ボロボロ・・
30年前
とにかく「働き盛り」の年齢だし
「子育て」真っ盛りの生き方だし
「平成」が?その名の通り、平たく、成り立てば、由かな?
と?考えたかは、疑問だらけの生きざまでしたね(笑)
c0355331_09262513.jpg
四葉のクローバー探し
むかしから、見つけた試がないんです
そりゃそうでしょう・・
四葉のクローバーという、品種があるそうですよ
c0355331_09282378.jpg
どこにでも咲いているこの花とは?違うらしい
一度、花屋で「四葉のクローバー」の種を知った記憶があるのです
買ったかな?の記憶は遠のいていますが(笑)
だ・か・ら・幸せに巡り合えない?なんて、言わさない・・(笑)
c0355331_09302735.jpg
平成最後の朝は、弱い雨が降っています
幸せな時間は、霧の中に静かに融合してくれているような気持ちの朝です
c0355331_09332033.jpg
125代目は、生きて次世代へバトンタッチされます
ロイヤルファミリーに思いを馳せることが、日常では少ないはずなのに
交代劇にはやや心騒ぎます、そして、不思議なことに
「幸せ」探しをしているのは、私だけ?
c0355331_09434342.jpg
「令和」の意味合いを模索する気持ちはやや薄いです
でもね、これだけあれば、どこかに?一枚、あるかもしれない
なんて、とっくに折り返してしまった生き方に、仄かな光を探すのって
ありかな??(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村
by zakkkan | 2019-04-30 09:47 | 想いでボロボロ | Comments(18)

小さな小さな命

c0355331_13513777.jpg
夕べ↑の相棒が亡くなりました
今朝、相棒を盛んに探しているような気がしてならない
c0355331_13534110.jpg
十数匹の小さな金魚は「金魚すくい」の袋の中で蠢いてました
そんな袋をぶら下げて、4歳の孫は
「余ったので、もらってきたの」とさりげなく言いました
「困ったね・・多分、すぐに・・」その先は、流石に口にはしなかったのです
「飼ってもいい?」と尋ねる孫には言い出せなかったからかも

仕方なく、30センチほどの水槽に入れて、しばらく様子を見るだけね
そんな約束をしたのが・・もう12年前

想定通り、数日後には、半分の数になり
生き残った金魚も、日に数匹、おなかを見せて浮かび上がっていた
半月もしないうちに、残ったのが2匹
「余程、生命力があるのね」と私が呟くと
主人が
「そうじゃないよ、生き残ったモノだけが、生きる仕組みかも」
さりげなく、あっけなく、さっぱりと、言った余韻が12年の歳月を思わせる
c0355331_14071791.jpg
あくまでも最後は、親係になるであろう、生き物
親は、祖父母に預ければ何とか?なるだろ・・の件
こうして、あの時のさりげなく引き受けた主人が
水槽を一回り大きくして、育てていたのです
15センチほどに成長した、2匹
見るともなく、観ていたのかも日に2度(カーテンの開閉時に)

窓べりに置かれた水槽で、がちゃがや・砂を掘る音が響いて12年
最後に飼い主(主人)が死骸を網の中に入れて
「本来なら、埋めてやりたいが、捨ててくれるかな」と差し出した

迷いましたね、小さすぎる命を
どう処理するか?
うめてやりたいけれど
カラスや、時には、ねこ、或いは、ハクビシンや、モグラの類が掘り起こさないとも
仕方なく・・の処理方法に、戸惑いながらも
丁寧に包み込み、処理しました

小さな小さな命は12年間、我が家を静かに後にしました


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村



by zakkkan | 2018-11-19 14:18 | 想いでボロボロ | Comments(22)

4匹目の猫

c0355331_13461474.jpg

いきなり?思い出したわけではないのですが
我が家の猫物語で、一番記憶が乏しい子(キキ)のお話を
ここへきて思い起こしてみる

亡くなって4年目
我が家の猫ファミリーは、子猫で始まっていたのだが
この子は年齢不詳で我が家の一員になったのです

数日間猫の鳴き声が、泣きやまないのが気になって
姿は見せないのだが、声だけは始終耳にする
その声が次第にか細くなっていくのが可哀そうで
してはいけないと知りつつエサ入れを設置してあげた
(野良でも、空腹は見るに忍び難いのでm(__)m)

すると、突然勝手口でうずくまった姿を見せたのです
そして、突然、私の足元で、スリスリを始めるのですよ

勿論、エサの御礼・・そんな律義さは見て取れない
では、エサの要求・・あり得ますね、毎度完食でしたから
気のいい猫の親(自称)ですから、相手が野良であっても、悪い気がしない
ガリガリにやせ細った体で、精一杯の愛想にね・・
「おぬし・・なかなかやる~」なんて内心嬉しくなった私です

そうなった私の次の手段は
「そうか・・我が家で飼ってほしいのか?」と尋ねている
(できれば・・一員に加えてください)なんて言うわけないのにね(笑)
ひとまず、いえいえ、もうすっかり4匹目のファミリーになっていたのかな(笑)

猫好きで、お人好しで、その家の前なら(笑)
そう考えたかは?知らない、知りたくもない(笑)
とにかく・・ガリガリで全身グレーのこの子は
「ロシアンブルー」かもよ・・と家族は賛成したのかも???(笑)
そのガリガリ君半月もしないうちに
c0355331_13502317.jpg
このお姿へと変身ですから、騙されたね・・との笑い種です

まずは、獣医へ連れて行く
ワクチン、のみ取り、それにまず「去勢」とすることをすべてし終えた時
名前・・名前がないのはお気の毒・・
誰かに飼われていたのでしょうね、雑種ではないですから
ロシアンブルーからソリュトリューなんて種類かも?と獣医に言われてね(笑)
じゃ、我が家の「和猫軍団」とは違って・・カ・タ・カ・ナ・・
安直ですが、カタカナで
う~ん・・「魔女の宅急便」に出てくる・・・・
なんて・・本当!どうでもいいような・・「キキ」と命名です(笑)
c0355331_14211858.jpg
よろしいですか?と聞いてあげる前に・・命名(笑)
不思議なのは、命名と同時に、お気に入りなのか・・
「キキ」と呼ぶ声に、すぐに反応・・(エサだったかもしれないが)
じゃ・・決まり・・相変わらずの猫の親です・・m(__)m

そして、推定年齢ですが、20歳を全うしての猫生でした
が、少しだけ、持病の「腎臓」には手がかかったかな
去勢が遅れたせいもあって、その後は「尿路結石」に悩まされ
やがては「腎臓疾患」とお決まりコースでした
ただ、エサ療法で、20歳・・これはまさしく「奇跡」だと医者に言われました

たまに・・
c0355331_14280113.jpg
早々、唯一の女の子である、コテツと?
いえいえ、よくいざこざを起こしていましたが
長男の寅次郎を見送った後は
コテツと同年齢のキキに寄り添う姿を見かけたものです・・

今、6匹目のトコを観ると・・
ふと・・思い出ボロボロがね


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村にほんブログ村 猫ブログ MIX白猫へ
にほんブログ村


by zakkkan | 2018-08-31 14:30 | 想いでボロボロ | Comments(16)

思い出・ポツリ ポツリ

c0355331_15485829.jpg
この処、マイファミリーをすっかり忘れて過ごしてますm(__)m
猫に取って代ったイイ人見つけたのかい?
なんて、嫌みな声が聴こえてきそうm(__)m

我が家へやってきた3匹目の猫の話をしてみましょう
c0355331_15522080.jpg
この子はね、親との相性が全く悪くって(可哀そうに)
飼い主さんの話だと
4匹産まれた中の、この子は家に置いておくつもりだった
ところが、どうしても親が、この子を敵対視して、寄せ付けない
困り果てた話を聞いた娘が
「じゃ、我が家へ、2匹も3匹も同じですよ」とま~言ったかは?
言ったんじゃないかな、無責任なところがある娘ですから(笑)

こうして、う・も・す・もなく、会社帰りの娘が持ち帰りました
事情は理解できたものの・・では・・どうぞ・・と容易く???
「ひとまず、先住猫(先輩)との相性が先でしょう」なんて言っているとね
c0355331_15591336.jpg
この愛くるしさと、人なれした仕草に
誰もが「仕方ないよね・・」とOKサインが出てました(笑)
凡そ2か月目ですって・・

先輩の、寅次郎、コテツは、不思議なものを見るように影からチラチラ
その先輩が近づこうものなら、偉そうに「シャー」と威嚇してます
笑えないのに、笑っちゃいましたよ
この分なら、まけてないよね・・という塩梅で、3匹目に名を連ねました
c0355331_16054314.jpg
ネーミングですか・・
実は、虎次郎は、2匹で、我が家の床下で、親に見捨てられたようです
とっても元気だったはずの「茶寅」が我が家で引き取って1週間後に亡くなりました
その時のネーミング「為五郎」をそのまま継がせたのです

子猫も、あ!という間ですよね、確かまだ肌寒さが残っていた春でした
その年の暮れには、どの子が先輩?と見間違えるほどの
そして、何よりも、マイペースな
c0355331_16095791.jpg
群れないし、手はほとんどかからないし
ただし、恐ろしく獰猛になるんです
抱かれるのは嫌い、爪切り、シャンプーは、飼い主は命がけ(笑)なんてね・・
c0355331_16115004.jpg
そんな?悪気は決してないんだよね・・と寝姿が言ってますが
c0355331_16145199.jpg


どうして、どうして、私は、彼から受けた傷跡、多数・・(´;ω;`)ウゥゥ

今、こうして、書いていると・・
あの、3年前が手に取るように思い出せます
ここ、ブログでも、再々登場しました
最後の1年間は、目がほとんど見えないままでしたが、20歳、大往生でしたね

猫を飼って
猫が私に教えてくれたこと
猫が語りかけてはくれない癖に
猫が私に残してくれたこと
それが、猫を飼っていることだということです



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村


by zakkkan | 2018-06-02 16:17 | 想いでボロボロ | Comments(22)

子だくさん・・(笑)

c0355331_14425861.jpg
3年目を迎えた↑「サボテン」です
ただの・・サボテン、されど、貴重なサボテンです

待ち合わせの駅に、その友人さんはカートを引いて現れました
大き目の植木鉢、そこに植わっていたのは「サボテン」
c0355331_14425185.jpg
たくさん花を咲かせたそうです
勿論、その花を見せてもらっていますよ、私も
友人さんも「いただきも」だそうですが、大きくなりすぎて
「お世話ができなくなった」からとの事で、難なく私は「OK」を差し上げました

その時の事、勿論よく覚えています
彼女(友人さん)が、カメラ以外の持ち物で、一番の大きいものですから(笑)
珍しく、その時はご自慢のカメラは持参されていなかったので
不思議で、記憶から離れないですよ

彼女からしっかり預かった「サボテン」
もともと、子だくさんでしたね
にょきにょき・・育った子供が、四方にはみ出ています(笑)
3~4個、別の植木鉢で、育っていますが(笑)
c0355331_14551258.jpg
今年も、懲りずに・・またまた・・沢山のお子さんが生まれています(笑)
子育てを嫌っているわけではないんですが・・(笑)
せめて・・我が家でも、見せてくださいな
「花」盛りを・・(笑)


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-04-18 14:56 | 想いでボロボロ | Comments(12)

あいまいな記憶であっても

いきなりですが・・
先日の、私のぶつぶつ、呟きに、賛同していただき感謝です
少し、怠け癖と、弱気虫と、あれあれ?に甘んじているのかもです

c0355331_16382765.jpg
この子は、長男の寅次郎(亡くなって6年目)
先日、相棒のパソコンの掃除を始めていると、場違いなところから出没
マイファミリーと称したファイルに、彼らを保存していた筈なのに
筈なのに・・は私の悪い癖で
筈が、筈ではないくせに・・m(__)m

ま~・・それはそれとして
私こと、zakkkanの、イメージ画像を引き受けてくれた彼の、思い出写真に
手が・・止まったまま・・(´;ω;`)ウゥゥ

6年が過ぎても、昨日のように、彼のすべてを話せるなんて
不思議なスポットにはまって・・手はとどまったまま・・
c0355331_16491885.jpg
思い出・・ボロボロ・・

時間は、忘れるために動いているんだと、誰かに言われた
「いつかは記憶から こぼれおちるとしても」
またまた、錯覚か、それとも、本当に記憶が欠落したのか
私・・・
二度目のこのタイトルに、違和感なく、二度目を読んでいる(笑)

記憶、それは、追憶ではない、当たり前の容なんですが
時を戻すのに、さほどの動力も、努力も必要のない時間が、必ずある

だよね・・と寅次郎に話しかけると
あの時の、もう24年前のそのままの姿が蘇るんです


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-04-15 16:57 | 想いでボロボロ | Comments(4)

猫撮影

c0355331_10051135.jpg
陽だまりで、何見てる・?(´ー`*)ウンウン・・

末っ子のクーさん、17歳
久々に、彼の姿を撮影してみる
随分小さくなったかな?お気に入りのかごが、スコスコ
c0355331_10070480.jpg
段ボールも好きだけど、やっぱり寝心地がいいのは、とずっしり構えたきき(亡くなって4年)
c0355331_10085976.jpg
為五郎は、かごが一番のお気に入り、常に独占(亡くなって3年)
c0355331_10120982.jpg
思い出せる彼らの行動を尋ねると


c0355331_10172884.jpg
忘れてはいないけれど、思い出すには、だんだん時が過ぎてますって?
そうだね、時が連れていく彼らの「思い出ボロボロ」だよね
ごめん・・君の写真は、どうも????かわいく撮影できなくって・・(笑)

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 何気ない暮らしへ
にほんブログ村
by zakkkan | 2018-04-11 10:19 | 想いでボロボロ | Comments(14)